忙しい中で

那須くん、元気ですか?梅雨の偏頭痛に悩まされていないですか?

フォローいただいている那須担も龍我担も浮所担も元気ですか?特に那須担のみなさま、夜更かししていないですか?栄養のあるもの食べていますか?首あったかくしていますか?

私はバッタンバッタンしながらも、元気です。去年わんわん泣きながら働いたこともあり、今年はやっと慣れてきたというか、少し仕事が楽しくなってきました。いやうーん、楽しいのかは置いておいて、ちょっと怖いくらい頼られる立場になってしまったので、頼られるのは正直嬉しいけれども、それもどうなのかなと思っている、みたいな感じです。それでよいのかな。でも、コミュニティが広がっていたり、自分の好きな領域に関われていたりするのは嬉しいです。旅行大好き人間ゆえ、突然言い渡されるのはネックだけれども出張も楽しいです。入社からフルリモートだったので、同じ日に示し合わせて出社して、同期と「おはよう♪」と手を振りあうだけですごく幸せな気持ちになれます。営業として数字を追うのは辛いけれども、「お客さんにとってどんな状況になったら最もハッピーか」をちゃんとヒヤリングして、自分たちの持ち物でうまく解決できたときはやりがいを感じます。出社や出張の頻度が増えたので会社の近くに一人暮らしを始めたんですが、掃除も自炊も気分転換になって好きだと気付けました。

そんなこんなで忙しくしているうちに、私は「ジャニヲタ」を卒業してしまったようです。一度ぐったりと体調を崩してエンタメコンテンツを全く摂取しないでいたら、そのタイミングで、ジャニーズというエンタメコンテンツに対して何をどう楽しんでいたのかわからなくなってしまったんですよね。嵐がお休みしてしまっているのでテレビを全く見なくなったのも大きいかもしれません。なんでサブスクにいないんだっけ?とか、そもそも私がジャニーズに求めている「THE J-POP」「ちょいダサソング」をなんで誰も歌ってくれないんだろう?とか、その辺もあるかもです。あと純粋に、Jr.チャンネルを楽しめなくなってしまいました。私が変わったんだと思います。いろんな部分において、じわじわ自分の趣味とジャニーズの方向に距離ができていたようで、少しの間触れないでいたらジャニーズのどこが好きだったのか分からなくなってしまいました。一人暮らし先にはテレビを置いていません。未成年の男の子の写真がずらっとある自分のカメラロールに「犯罪じゃん…」と青ざめて、ジャニーズ関連の写真はすでに全て削除してあります。

そうは言っても、先日友人宅でぼんやりとテレビを見ていたら「わーかっこいいな〜」「優しそうだな〜」と思う子がいて。お察しの通り、那須くんでした。ふれあいどうぶつ縁で、たくましく働いていて、動物にも周りの人にもすごく優しく接している那須くんのふわっとした笑顔に、じわーっと涙が出てきました(もちろん友人に心配されましたが笑)。おかえりモネをNHK+でぼんやり見ている時も、りょーちんかっこいいな〜と感じずにはいられません。ジャニーズ顔は大好きだし、やっぱり那須くんは素敵だと思う。

那須くんの顔が好きだ!とか、画伯なところが大好きだ!とばかりブログで叫んでいましたが、那須くんで一番好きなのはピュアなところです。

あまり言っていなかったんですが、私は那須くんと同じ大学出身です。学部は浮所くんと一緒。一般入試で本命の国立に受からなくて、早稲田と慶應で迷って、慶應を選びました。友人はほぼ早稲田を選んだけれど、今までと同じような人とばかりつるむのも良くない…と考えての慶應でした。

入学してから、すごく苦手だったグループがいます。慶應中等部→慶應義塾高校 のルートで来ていた子らです。当然のように集団でカンニングをするし、自分たちを人生の勝ち組だと思っていそうな他人への見下し方をするし、そのくせなんか性格が歪んでいるというか、、モラルが、、、人の努力を平気で奪ったりできる人たちでした(このブログの読者に出身者がいたらごめんなさい)。飲みの席で本人達から聞いた話によると、(少なくとも私の代は、ですが)塾高は部活によるスクールカーストが激しいらしく、カースト上位の人も、下の方になってしまった人も、中間くらいになった人もそれぞれちょっとした歪みを持つそうでした。まあ大学なので浅くニコニコ付き合っていたんですが、飲み会の後、「価値観が合わない人たちだったな…」と虚無感に襲われることが多かったです。どうでもいい付き合いをやめられない私も悪いんですけどね。いつか仕事で関わるかも…と思ったらどんな関係も無下にできませんでした。

あと大学で辛かったのが、付き合ってた男の子と就活前にもめたことです。結論から言うと別れたんですが。「なんで総合職を受けるの?」「昇進を望んでいるの?」「女の子でしょ?家庭に入らないの?一般職にしようよ」と私の就活をよく思ってくれませんでした。ついでに、ジェンダー平等について訴えている外国人女性のドキュメンタリーをたまたま見ていたときに、彼がふと、「正直よくわかんない」「努力不足でしょ?」と言い始めたんですよね。「女の人が役員になれないのとか、少数民族が立場が弱いのとか、全部全部先祖の努力が足りなかったんだと思うし、今できないのも努力のせいでしょ」って。それがすごく衝撃的で。優しくて笑顔の可愛い、爽やかな男の子でした。同じ大学です。でも、努力じゃどうにもできないこともあるってことを知らなかったり、弱い人の立場を理解できなかったり、自分がいかに恵まれているかを自覚していなかったり、それがすごくショックで。その人と別れた後も何人かと仲良くしていたんですが、話しているとうっすら高学歴男子には誰しもちょっと女性やマイノリティを見下しているところとか、「全部自分の努力で手に入れたぜ!」みたいな思想が見え隠れするというか、そこが苦手でしばらく誰とも付き合えていません。今なんとなく好きだなーと思っている子も、もしかしたらそうかもしれないなと一歩踏み出せずにいます。

だから、那須くんという男の子と出会ったとき、本当に衝撃でした。別に那須担じゃなくても、那須くんのことみんな「いいひとじゃん…」って感じる…よね?努力家ですんばらしい外見を持っているのに、あんなに性格が良いなんて奇跡だと思う。認知した最初の頃は「どうせ猫かぶってるんでしょ」とあら探しするような邪念も私にはあったんだけれども、何年応援してもいい子すぎて。なんなら年々全世界に優しくなっている。衝撃を超えて驚愕。あと、那須くんのご学友もいい子だと思う。那須くんから聞くエピソードもそうだけど、現場に行くと結構な頻度で、「那須くんのご学友かな?」と思う子がいて。まあ本当にご学友かはこちらからは判断できないけれども、どの子もすごくピュアというか、態度からして「良い友人」感が出ている子ばかりだった。「中等部出身者はなんだかな」という私の偏見を、那須くんと那須くんの友人は完全に取っ払ってくれた。私が出会った人は一部でしかない、全体だと勝手に思い込んではいけないと教えてくれました。浪人して国立をもう一度チャレンジすれば…と思ったこともなくはなかったんだけれども、那須くんとお揃いだと思えば慶應のことも好きになれた。

大人なファンが多いことを認識しての発言だと分かっていても、昔からずっと「オフィスカジュアルが好き」や「働いている女性はかっこいいと思う」と言ってくれる那須くんに何度も救われた。賢くて美人なハーマイオニーが好きなのも好感度が高かったです。社会学ジェンダー論の授業が好きってエピソードも、ビューティーインサイドを観て友人と号泣したって話も嬉しかった。「こういう考えの男の子もちゃんといるんだ」って、なんとなく希望が持てました。donedoneのCMで那須くんが真ん中にいるのは本当に嬉しいです。那須くんにぴったりだと思います。

多分私はもう現場に行くことはないと思いますし(とか言ってふらっと現れたらごめんなさい笑)、情報局も更新しない予定だし、グッズをいっぱい買ったりもしない。でも那須くんのことは変わらず応援しているし、デビューを心の底から願っているし、世界で一番幸せになってほしいと強く強く考えています。まだデビューをしていないのに、いろんな景色をいっぱいみせてくれて本当にありがとう。わたしはVS嵐に出ていた日をずっと忘れないし、アラフェスも心に刻まれているし、はだしょのストライクピッチングを今後も見返すことでしょう。あーうん、はだしょは変わらず見るし、みんどうも追いかけ続けるかな…笑

ジャニヲタライフはほぼ終わったけれども、那須くんなんでも肯定団の一員なことには変わりありません。これからも健やかに成長し、のびのび、コツコツと大きくなっていくだろう那須くんの幸せを、心の底から願っています。

あと那須担のことも心の底から大好きです。ギャグセンが高くて、月見れば那須くんのことを考えちゃって、でもお会いするとみんな可愛くて「担タレかよ…!」と思う日々でした。Twitterは、お茶の間人間としてたまに呟くかと思います! 浮上したら変わらず仲良くしていただけると嬉しいです。

何が言いたかったのかはわからないんですけど、どこかで区切りとしてブログを書きたかったので私は満足です!それではまたお会いしましょう!

死を受け入れるということ

※重いです

家の断捨離をしていたら、小さい頃(と言っても小〜中学生?)に作っていた切り抜きノートが見つかった。中には当時買っていた雑誌の好きなモデルさんたちと、三浦春馬くんの写真がB5ノートいっぱいに敷き詰められていた。以前どこかの記事で触れたかもしれないけれど、私が初めて好きになった芸能人は三浦春馬くんです。

好きになったきっかけなんてよくわからないけれど、気づいたら「好きな芸能人」に三浦春馬の名前を挙げていた。多分ごくせん→ブラッディマンデイサムライ・ハイスクールの時のビジュアルがどタイプだったんだと思う。手足が長くて、努力家で、くしゃっと笑う笑顔が大好きだった。どうでもいいけど、初めて憧れの人の熱愛報道を経験したのも三浦春馬くんだ。最初こそショックだったけれど「かっこいい人に彼女がいないわけない」「恋愛するなんて普通じゃん?」と誰に対しても思えるようになったので感謝している。

画像

f:id:akiakanechan:20210502181953p:plain

同じ時期にブレイクした俳優さんは仕事を選びがちだった一方で、春馬くんに関しては「それやる??」みたいな役も結構なんでもやっていたと思う。追い込み型だったんだろうか。真面目で誠実で努力家、という言葉が日本一似合う人だった気がする。小学生だったから年齢をあまり気にしていなかったけれど、ごくせんとブラッディ・マンディを演じたのは18歳で、今の那須くんより年下だ。ラストシンデレラは23歳。今の私と同い年。「若いのに凄い」と、三浦春馬くん関連のインタビューでいろんなスタッフから言われていたが私もそう思っていた。全部エンタメ媒体で得た情報でしかないけれど。

大学生になってから、何回か生で見たことがある。感じたのは「年齢の割にシワが多い」だ。スタイルがいいと思っていたけど生で見ると骨??と思ってしまうくらい手足に肉がない。頬もこけていて、確かに笑った顔は綺麗だけどどこか覇気がないというか、笑いジワの多さにちょっと衝撃を受けた。同じアミューズ佐藤健はびっくりするくらい若返っていたのに。見ていて辛くなるくらいガリガリな憧れの人を知ってしまったショックで、しばらく出演作を見れなくなった。

だから亡くなったと聞いたときも、正直「そっか…」以外の感想がなかった。意外な気持ちはなかった。実はそこまで好きじゃなかったのか…と考えたりもした。「不審死だ!」とか「事務所は何かを隠している!」とか騒げるファンは元気だなーとさえ思っていた(ごめんなさい)。怒りはエネルギーがないと出てこない、というのは今回の学びだ。別に理由なんてなんでもよいし私にわかるわけがないけれど、死ぬ、という選択肢しか見えなくなってしまったことがただただ悲しい。これは今も思う。

なんかでも、思ったよりも悲しみが湧いてこない理由は、いまだ現実として受け入れてないからなんだろうなと今日切り抜きノートを開いて感じた。実はあれから、出演ドラマも、アミューズ関連の映像も、キンキーブーツの追悼映像も何もかも見ていない。見ていないというか、見れない。心が受け付けていないからおすすめに出てきてもタップできない。無意識のうちに全部全部避けているんだなーということに今日気付いてしまった。そういうルールを作ったわけではないのに、勝手に避けている自分がいる。

どこかのタイミングで急に実感するのだろうか。その時凄く悲しくなるのかな。

もし凄く悲しくなるんだったら、実感しないままでもいいのかなーと思うなどした。

大昇くん入所6周年おめでとう

大昇くん、ジャニーズ事務所入所6周年おめでとうございます!

透明感があって儚げで、でも素朴で庶民的なところもある大昇くん。最近は、歌の大事な部分やMCは基本大昇くんが担当している。いつも頑張ってくれてありがとう。

私が那須くん以外のことを記事に書くなんてとってもとっても珍しいのだけれど、昨日のなすたいを見てなんだか感慨深くなってしまったのでその気持ちを文章化したいと思います。

那須くんと仲良し、大昇くん

youtu.be

なすりゅ、うきなす、ふじなす、なすかな…。比較的、美の誰と組んでも仲良くできるのが那須くんだけれども、特に「友だち」感が強いのが大昇くんである。なんといっても大昇くんからの那須くんへの信頼がめちゃアツイ。2019年始めの動画で一番話しやすいメンバーに大昇くんは那須くんを選んでいたし、実際youtubeやコンサートを見ていても、不安になると那須くんの顔を伺いがちだよな〜〜と昔からよく思っている。以下の動画を見てくれれば理解いただけるように、那須くんを見る大昇くんの目はとってもキラキラしている。変な意味じゃなくて、本気で大昇くんは那須くんと話すのが好きなんだと思う。

youtu.be

ビジネスっぽい仲良しやジャニーズにいるから仲がいいコンビは数あれど、この二人に関しては、ジャニーズに入っていなくても仲良くなるタイプなんじゃなかろうか。那須くんも大昇くんと話しているときすごく楽しそうだし、楽しそうな那須くんが見れるのでなすたいコンビが私はとっても大好きである。

youtu.be

歌割りとMC

とはいえ正直に話すと、大昇くんに複雑な気持ちを抱くことは結構あった。今でこそ歌もMCも大昇くんが中心で龍我くんの隣に大昇くんがいるのが当たり前だけれど、私が応援しはじめた頃、いま大昇くんが立っている場所にいたのは那須くんだった。2017~2018年に東京B少年が披露していた曲のほぼ全てにおいて、歌い出しは基本那須くんの担当だったし、美味しいところも那須くんに任せられていたと思う。ところが、なぜかわからないけれど、2019年1月以降収録分から那須くんがいた場所のほとんどが大昇くんに代わった(正確には2018年夏のみなみなサマーくらいから歌割りについては変化があった)。先日の少クラで、歴代MCスペシャルと題しゆとたいが取り上げられていたのを見て、「2018年はゆうぴーと那須くんがマイクを持っていたのに…」と胸がチクっとした。確かに歌割りに関しては、大昇くんの歌が上手くなっているのは知っていたし、那須くんの声変わりも気になっていたので100歩くらい譲れた。でもMCまで交代する必要なくない?立ち位置下げる必要ある??2019年のクリエくらいまでは那須くんがコメント役を務める事もあったけれど、2019夏のサマステあたりでもうほぼ完全に美の代表は大昇くんに変わっていた。2019春夏で初披露された曲の歌割りで那須くんのパートは信じられないくらい減っていて、特にウェザニュとFireStormの少なさは衝撃的だった。どこにいたって自分の中ではセンターなんて、子どもな私には到底言い聞かせられなかった。悔しい。悲しい。なんで?

別に誰のせいでもないのに、なんとなーく大昇くんに嫌悪感を抱いた。情けないけど。

でも嫌悪感を吹き飛ばすくらいサマステでの大昇くんの歌は上手かった。真ん中に立つようになったことでどんどん垢抜けて、堂々として、言葉通り輝いていく大昇くんを目の当たりにしたら何も言えなくなった。8.8のシャッフルメドレーで那須くんはどこにも呼ばれなかったのに大昇くんは2回歌えようと、RideOnTimeがひたすら大昇くんを扱っていてRideOnTaishoになっていても、モヤッとはしても「仕方ないか」と諦めることができるようになった。それくらい大昇くんは誰かを説得できる歌声と輝きを放っていた。多分びーをちゃんと追っていない人でも、2019年以降のなんかしらのステージで大昇くんを生で見た人はみんな「あんなすごかったっけ?」と感じたと思う。シャイでヘラヘラしがちだからそんな風には見えないけれど(ヘラヘラしちゃうのも照れ隠しだと思っている)、認められるためにかなり努力したのではないだろうか。正味、大昇くんがあそこまで努力家で垢抜けるとは思っていなかったので、やっぱりジャニーさんの人を見る力はすごい。

なすたい

私がもしなすたいのどっちかだったら、今まで通り仲良くはできないと思う。那須くん側だったら大昇くんに嫉妬してしまうし、大昇くん側だったら那須くんを今までと同じようには見れない。でもこの二人のいいところは、ずっと仲良しのまんまなことである。ちょっと氷河期に入ったっておかしくないのに、私の見ている限りではなんだかんだずっと心を許しているし、ELFでの大昇くんの楽屋に暖簾をプレゼントしたのは那須くんだと聞く(※那須くんの魔女宅の暖簾はどうだったんでしょうか????気になってまーす)。こういうところも、「THE・男友だち」って感じですごく素敵だ。二人が仲良しなのを昨日の動画で再確認できて、私はとっても嬉しかったです。あとね、薄荷キャンディーの頃からなすたいパートが私はとっても好きだよ。

***

美の中では歴が一番長い大昇くん。何事もなければ間違いなく、大昇くんはジャニーズの舞台で0番を担う存在になるんじゃないでしょうか。NHKホールをあれだけ鳴らせる大昇くんの歌声は本当に宝物です。これからも堂々とジャニーズロードを歩みつつ、那須くんのよき友であり続けてくれたら那須担はとても嬉しいです。

あらためて、6周年おめでとうございます。これからも応援しています。

自担の歯並びに憧れて歯列矯正を始めた話②

続きです。わたしは自担に憧れたけれど、彼氏とか仲良しとか、毎日会う人が歯並び綺麗だったりすると影響を受けるよね〜と、矯正垢の皆さんの呟きを見ていて勝手に共感しています。

 

◇流れ

1.精密検査

↓1週間

2.検査結果をもとに方針について相談

↓1週間

3.左上下2本抜歯

↓1週間

4.右上下2本抜歯+保定器具用青ゴム装着

↓1週間

5.上下装置セット

 

こんな感じでした。前もってガツガツ予約した私ですらこれなので、「やるぞ!!」と決めてから器具装着まで最短でも1ヶ月半はかかるんじゃないでしょうか。ちなみに、親知らずが生えてきそうだったり虫歯を放置していたりが発覚するとその治療を全て終えなければ器具装着ができないので、決断から装着まで半年くらいかけている人もぼちぼち見かけます。歯列矯正を迷っている人は、まずは歯の定期検診に行って虫歯や親知らずの様子をチェックするといいかもです(定期検診はしっかり行っていた人間)(担タレなんで👏)

 

◇抜歯

前の記事でも触れましたが、私は上下左右の4番の歯を抜いています。私の通っている歯科医院ですが、夫婦で経営されていて、一般歯科は旦那さん、矯正は奥様が担当されているんですよね。なので同じ病院で、一般歯科の先生に歯を抜いてもらえました。ミシミシいう音こそ怖かったけれど、抜歯自体は全然痛くなかったです。

抜いた歯を持ち帰ってきたんですが、永久歯ってほんっっとーーーに大きくて立派です。子どもの歯とはわけが違う。親が反対した理由がこのときようやくわかりました。もったいない。

 

ただ副作用はあって、最初の抜歯の翌日、ガツンと熱を出しました。コロナが流行っているし、ドリボに行ったあとだったので本当に冷や汗ものです。血中酸素計とPCRにてコロナではないと判断され一安心。親知らずを抜いたあとも熱を出しやすいと聞くので、たとえ抜歯直後に何も感じなかったとしても、身体には負担がかかっているんだな〜と学びました。抜歯前後は安静にできるスケジュールで抜歯に挑むべきだと思います。

先生がお上手だったのか、血が止まらなかったり変なゴミが溜まったりもありませんでした。

 

◇装着してみて

痛みがあるのは調整後3日以内だけだと思います。銀ワイヤーだけれど思ったより目立たないしマスク社会なんで笑うのにも全く支障ありません。ワイヤーもプラケットも、今のところは取れたことがないです。

 

悩みは大きく3つ。①前歯で噛めない②野菜が詰まる③口内炎痛い。頬コケは今のところ私はなさそう(むしろ顔パンパンなんですが。笑)

 

食べれなくなったものを一覧にするとこんな感じです。

・分厚い肉

(めっちゃ切り刻まないと食べれない)

・キムチ

(大好物だったので地味にしんどい)

・ラスクなど固いお菓子、グミ

(噛めない)

・大きい食べ物全般

(噛めない)

・レタス

(保定器具の間に挟まるからジェットウォッシャーでも取れなくてイライラする)

・粘着質のもの

(噛みにくいし器具取れないか不安になる。ぷっちょはもちろんドライフルーツもNG)

 

詰まることさえ気にしなければ麺類は基本大丈夫。ベリー系も詰まる。あと柑橘類も厳しい。好きだから食べるけど。笑

とにか〜〜く器具に食べ物が詰まります。一緒に食事をしてくれる側も、目の前の人の歯にめちゃ食べ物が詰まっていると不快に感じるんじゃなんじゃないかなということで、分かってくれそうな心の距離が近い人としか今は外食に行っていないです。まあコロナなんで仲良い子以外との食事は基本ないです。ラッキー。

 

あとは滑舌。わたしは仕事で英語を使うんですが、RとかTとかが地味に発音しづらいです。口内炎が痛くてあんまり口寄せられないんですよね。職場の人はリズムで大体判別してくれているっぽいですが、聞き取りが難しいのは間違いないと思います。ごめんね

 

◇持っていてよかったもの

絶対買うべきなのはこれです。

 

https://item.rakuten.co.jp/bestope/hh06004-whe-91ltf1/

 

詰まっていた食べ物がすぐ飛びます!これのお陰で歯磨きがとっても楽です。

私の歯磨きプロセスとしては

1.ジェットウォッシャー

2.普通に歯磨きwith歯磨き粉

3.タフトブラシ(細かい部分)

4.再度ジェットウォッシャー

5.うがい

こんな感じです。歯磨き粉に特にこだわりはなくて普通にクリニカを使用。表側矯正なのでフロス通せないのがちょっと悲しいですが、月1の調整で絶対フロスを通されるので、その頻度で問題ないかしばらく様子見かな〜と思っております。

あとは、Twitterの矯正垢も持っています。同じような時期に始めた人や同じような歯形をしている人を見ると、モチベにもなるし、危機管理にも有用です。

あと、経過をちゃんと写真に撮るのも大事かなと。これも危機管理の側面ももちろんあるんですが、せっかく大金かけているんだし、ビフォアフ分かる方が楽しくていいじゃないですか!笑 正面の口閉じ×口開け、横顔×口開閉×左右 で計6枚を毎調整ごとに記録しています。

 

◇危機管理

先ほど危機管理について触れましたが、やっぱりどんなに納得して病院を選んでも、失敗するリスクって0にはならないと思うんですよね。なので何かあったときのために、いつどういう動きがあって、どういう処置をされていたのか、自分自身でちゃんと把握しておくのが大切だと思っています。写真を撮るのももちろんですが、もらった資料は全部同じファイルに収納して、病院に行くときはそのファイルを必ず携帯し確認しています。先生も私だけを治療しているわけではないので、時々他の患者さんと混ざった何かを言われることもあります。そのときちゃんと「前こんな風に説明いただきましたよ!」などと指摘できるか、流されてしまって違う処置をされるかはかなり大きいはずです(矯正失敗のエピソードを見ていると、先生のせいのものもあれば個々人で防げたものもあるなと思っています)。自分の治療には自分で責任を持ちたい所存です。

 

◇参考になるインフルエンサー

1.和ちゃん

 

https://youtu.be/UHYBpBorpCI

 

なごちゃんは矯正以外にも英語やインターンも頑張っているので普通に元気を貰えます💪あと正直に何でも話してくれるので愉快です。

 

2.桃桃ちゃん

 

https://youtu.be/VollIEPOfws

 

桃桃ちゃんも、女子が気になる美容医療を色々やっているので矯正以外も結構勉強になります。なごちゃんに比べると辛そうにしてる時期も結構あって、よりリアルでよいかもしれないです(わたしは全然痛みも辛さもなく治療ができているのですが、ネガティヴケースを想像する上で大事かなと勝手に思っています)

 

3.NiziUさま

NiziUちゃんの数名、なんと表側で矯正しているんですよね。凄く参考になるし、最短治療で絶対痛いはずなのに歌も踊りもトークも頑張っていて、偉いなあとつい親の気持ちになります。垢抜けていくのを見ること自体モチベになる。

 

4.浮所くん

浮所くんは抜歯上下4本の裏側矯正かな。矯正し始めたな〜と気付いてから結構経っているけど、まだ抜いたところが若干すきっ歯で、矯正って時間がかかるんだと浮所くんを見るたび痛感します。浮所くんを見て裏側矯正の滑舌のしんどさを知って表側にした節もある(とはいえ表側もそこそこ滑舌悪くなります)。あと裏側は進捗もゆっくりなので、ファンの子はもどかしいよねうんうん……

 

***

 

最後に一点。インスタや美容垢などで「垢抜けには歯並びが大事!!」と軽く豪語している人をよく見かけますが、私は半分同意で半分反対です。私の元カレしかり、ちょっと乱れた歯並びが実はその人の個性だったり、誰かには好かれていたりするんですよね。それに、健康な歯を抜くこと、元の歯並びには戻らないこと、保定など一生歯のケアと付き合わなければならないことなど、向き合わなければならない課題が山ほどあります。これは整形なども同じです。得体の知れない人たちの意見があなたの施術の動機なんだったら、それは考え直した方がいいと思いますし、逆にずっと悩んでいたことなんだったら今すぐカウセだけでも行ってみるべきです。「前の方が可愛かった」「そんなに歯並び悪かった?」と無責任に言ってくる人は絶対にいます。でも自分が悩んで悩んで悩んで決めたことであればそういう意見は全く気にならないはずですし、もし気になってしまったら私にDMください!!笑 それから、自分で働いたお金を投資して自分の悩みと向き合うのは、世帯を持っていない今の時期にしかできないことだと勝手に思っています。人生で一番若いのはいつだって今の自分なので、本当に悩んでいることだけにフォーカスしつつ、うじうじせず行動しましょ!!これが私のポリシーです。

 

以上、偉そうにすみません🙇‍♂️わたしも矯正前いろんなツイートやブログを見漁ったので、誰かの参考になればと思い書きました!そのほか気になることがあれば是非直接ご連絡ください。それでは魔女宅千秋楽を応援しましょう♪

自担の歯並びに憧れて歯列矯正を始めた話

突然ですが、わたしは那須くんの歯並びがとても好きだ。

 

f:id:akiakanechan:20210417233036j:plain

 

歯並びが綺麗な芸能人なんてごまんといるけれど、那須くんはそのなかでも格別綺麗な部類に入ると思う。ミソは下の歯だ。上の歯だけを綺麗に見せることはそんなに難しくないし、なんならセラミックで誤魔化せる。でも下の歯が、抜歯なしでこんなに綺麗に揃っている人を私は初めて見た。そもそも那須くんは、口の大きさのわりに一つ一つの歯がとっても小さい。結果、歯茎のアーチ?円周?(どういう表現が正しいのかわからない)の長さもめちゃくちゃ小さいし、おまけにほとんどの歯が内側を向いていて口の中で綺麗に収まっている。上の前歯が少し他の歯に比べて前に出ているのは作り物感がなくてむしろ素敵だ。おまけにイーラインまでとんでもなく綺麗。どんな角度から撮られても顔が整っていて破顔がとても似合うのは、絶対にあの歯並びのおかげだと思う(なのに前歯がチューリップの形をしているのがなお愛しい。神よ、那須くんに何物を与えているんだ)

f:id:akiakanechan:20210417232807j:plain

那須くんのご両親はしっかりされているので、小学生の頃からマウスピース矯正なと色々ケアしてあげているような気もする。でもそれにしたって私が応援している3-4年間の間で歯並びが乱れたり前に出たりしていないということはある程度生まれつきなんでしょう(小学生の頃の矯正は中高生の間の生活習慣次第では意味がなくなってしまうことも多々ある)。ガチャ歯な一族に生まれた私としては、羨ましくないわけがない。

 

タイトルを「自担に憧れて」と書いたけれど、実際は結構小さい頃から自分の歯並びに悩んでいた。出っ歯×オープンバイト×ガチャ歯×八重歯どこからツッこんでいいのかわからないくらいてんこ盛り。顎が発達する前にほぼ生え変わってしまった下の歯が特にごちゃごちゃしている。まあ出っ歯なので()下の歯が見えることはあまりないけれど、最初の試練は中高時代のトランペット。音楽経験からトランペットに採用されたものの、オープンバイトで息が変なところから漏れてしまうせいか高音を出したりそれっぽい音を出したりにすごく苦戦した。努力でどうにかしたけれど、6年間「君は歯並び悪いからね〜〜」と顧問やコーチに言われすぎてコンプレックスになった。経験者ならわかってくれる気がするんですが、吹奏楽始めてから矯正するのだと遅いんですよね。なんで小さい頃矯正させてくれなかったんだろう、と子どもだったので親を恨むなどした。

トランペットを卒業した大学時代。バイトでお金を貯めて歯列矯正をしようとカウセ巡りをはじめ、その金額に愕然とする。100万円……!抜歯が必須と親に伝えたところ「健康な歯を抜くなんて!」と反対されとても資金援助はしてもらえず(第一、小学生の頃にやってくれていたら抜歯要らずの10万円台で済むはずだったのにと親への恨みが増してしまったけれど、全部親のせいにするのはダサいのでこれで終わり)。そして転機。そのとき付き合いはじめた男の子に「あきちゃんの八重歯が好き、シルエット込みでうさぎみたいで可愛い」と言われる。そのとき平行で医療脱毛のカウセ巡りもしていたのもあり、歯並びより脱毛の方が今の自分には必要かなと判断し20歳になったタイミングで全身医療脱毛を契約。脱毛のおかげで全身綺麗になったので歯並びは後回しにしてしまったけれど結果満足している。

が、那須くんを毎日浴びるように摂取するうちに、「やっぱり歯並びがいいと上品だな」と日に日に思うようになる。あとついでに言うと、歯並び悪くて影になってしまう部分にいつも茶渋がついて凄く気になるように。それから成人式前撮りの写真を見ていたら、普通盛れるはずの横顔や振り向きショットがあまりにもひどくて泣いた。

そんなこんなで(ながい)社会人になりお金も生まれ、やっっと!やっっと!はじめました。那須くんほど綺麗な歯にはなれないと思うけど、毎日自分の歯並びが綺麗になっていくのは正直もの凄く楽しい。ので、これから序盤の部分について色々書いていくよ!!

 

◇病院選び

とりあえず見に行ける限りカウセに行くのがグッド!!わたしは①説明能力か高い②予約が取れる③家から近い④歯科衛生士頼りではなく先生がほとんど施術を担当⑤審美より健康重視 の5点で選びました。特に④。美容院もそうなんですが「芸能人も通ってる!」みたいな医院って、カウセこそ先生がやってくれるもののあとは歯科衛生士やアシスタントにお任せって感じなんですよね。そりゃ先生の腕はいいかもしれないけど!!ほとんど出てこないじゃん!!と無駄に悲しくなるのが嫌なので④は結構意識しました。

当たり前すぎて書かなかったけど絶対認定医を選んでね。

 

◇プランと金額感

私は表側×銀ワイヤー×透明プラケットで65万円(+調整代+抜歯代)。抜歯は上下の4番で計4本。カウセに行った何個かの病院ではアンカースクリュー(口にネジを突っ込むやつ)を予定していると言われたんだけど、「あれは痛いし、治りが早い分戻るのも早いよ」と正直に言ってくれた今の先生に決めました。なのでスクリューはなしです(その代わり保定とか諸々含めて4年と言われました。笑笑)。滑舌悪くなるのが嫌で表側にして、着色気にせずにご飯を食べたいから銀ワイヤー。噛み合わせを直さないといけないせいか、マウスピース矯正という言葉は巡った病院5つのどの先生からも出てこなかったです。

正直プランはめちゃ悩むと思うので、矯正経験者の友人に片っ端からインタビューするのをオススメします!わたしは今の選択で全く後悔していないです。

 

今が装置つけてだいたい3ヶ月なんですが、すでに上下のガチャガチャが揃ってきていて結構楽しいです。抜歯レポとか、何ヶ月でどれくらい動くとか、気が向いたときに書く予定なのでどうぞよろしくお願いします!

 

ああああ大阪千秋楽!どうか無事開催されますように!!!

新国立劇場「魔女の宅急便」2021東京公演

か…

可愛い!!!!

f:id:akiakanechan:20210327181736j:plain

一体何人の那須担、いや観客がのたうちまわったことでしょう。本当に本当に、ハピネスイズヒア、ピースフルワールドなミュージカルでした。

f:id:akiakanechan:20210327181746j:plain

↑帰りの電車で頭がおかしくなっている図

小さい頃おばあちゃんに連れられてミュージカルをよく観に行っていた私。自分でチケットを取るようになってからはほとんど劇団四季しか見なくなっちゃいましたが、せっかく那須くんが外部のミュージカルに出てくれたので力を振り絞って観劇ブログっぽい記事を書きたいと思います。(ジャニヲタ脳では「可愛い」しか発せなくなるので、頑張って頑張って感想っぽく書きます)これから東京最終日、名古屋、大阪公演に行く方や、来年、再来年もしリバイバル上演があった時の参考になれば幸いです。

※昔のライブドアアメブロっぽい書き方ですが「こいつどの時代を生きてるねん」なんて言わないでくださいね!

(会場)新国立劇場/中劇場

新しくて(といっても1997年こけら落としなので築24年?)とっても建築的な施設です。横浜美術館と西洋美術館を足して2で割った感じでしょうか。大昇くんのELFもここで開催されておりました。新宿のお隣、初台駅からそのまま入れます。中劇場の座席数は1,000人強。なんと帝劇の半分!キャッツシアターより小さいかも。私は10-13列目くらいの席だったのですが、どの席のチケットでも近いな〜と感じると思います。ミュージカルなので真ん中に近ければ近いほど観やすいはず(ただしど真ん中は関係者で埋まっている現実)。座椅子硬めなので2公演連続で入ったら腰が死にます。お気をつけて。

(アクセス)初台駅

私みたいにせっかちで会場に早く着きすぎちゃうあなたへ。初台の近くがどんな感じか写真を用意したのでこちらをご覧ください!どーん!

IMG_6689

初台ってどんな街?~渋谷区紹介vol.1~ - 渋谷区つばめの里・本町東 公式WEBサイト

「本当に新宿の隣の駅!?!?」と疑いたくなるこの下町感。新国立劇場の逆側の出口はこのようになっております。さすが京王線(決してディスってはいない。笑)

もちろん劇場側は都会な感じなんですが、残念ながら立ち寄りやすいビルがあまりないんですよね。オペラシティくらい?早く着きすぎそうな方は新宿か渋谷で待機するのがオススメです。

www.tokyooperacity.co.jp

(グッズ)パンフレットとトートバック

めっっっちゃ可愛い!!

それぞれ2000円。パンフレットがそこそこなサイズなので、買ったトートバックに入れて持ち帰るか、トートバックごと収納できる大きめのバックで行くかどちらかですね(前者が多そうでしたが私は後者を選びました)。パンフレットは見応えバッチリ。お写真はもちろん、主役2人と岸本さんの対談が非常によきでした。トートバックはしっかりめの作り。次うちわ持参できるようなコンサートがあったら絶対使います。

(客層)ほぼ女子、そして若い

わりと外部舞台モードだったのと普段男性の多い職場に身を置いているのが相まって、会場に着いた瞬間「ひゃ〜〜〜ガーリーな女の子しかいない!!!」と男子校から文学部に入った大学一年生みたいな感想を抱いてしまいました(笑)。真ん中の方には関係者っぽい人がそこそこいましたが、それ以外はほぼ全員ジャニヲタで埋まっている印象。異世界感がすごい!!例年はどうなんですかね?演者さんたちも、幕が上がって前方を見たら女の子ばっかりできっと緊張するだろうな〜と謎な心配をしました。笑 子役ちゃんの応援で観劇しにきた人はさぞかし驚いたと思います。少なくとも私は恐れおののききました。コロナ禍で現場にあまり行っていなかったので、耐性がなくなったのかも…。

感想

やっとこさ感想(なげえよ)!あんまりネタバレをしたくないので、概観と各キャストさんのお話ができればと思います。

観劇した人みんなが口を揃えて言っていますが、とにかく可愛い!音生ちゃん、那須くんのハマりっぷりがすごいです。語彙力消えました。ストーリーはほぼジブリのまんまなので、どの客層が観ても楽しめるんじゃないでしょうか。2017,2018開催時の感想を見ると酷評している方を少なからず見受けましたが、今回はかなり好評なんじゃないですかね…?少なくとも私自身はとっても楽しめました。

音生ちゃん

見た目に反して声が高く、でも会場全体によく響き渡る透き通った声ですごーく聴きやすかったです。ミュージカルってよか声楽の先生に歌を習ってた感じがします。プリキュアの声優になれそうなんて感想を抱いてごめんなさい(でもきっと共感してくれる人もいるはず)。

一番感動したのは肝の座りかた。ちょっと歌の入りがかすんじゃっても全然表情に出ないし、ずっとキラキラしているし、カテコなんて、慣れてないはずなのに隣の白羽さんと目を合わせながら自分のペースでゆっくりお辞儀していて。とても初ミュージカルとは思えませんでした。少ないワイヤーでのフライングも、普通もっと怖がってもいいのにへっちゃらそうで本当にお姉さん関心です。年齢より大人びて見えて真面目で努力家で、でも自分に自信があってなんだかんだマイペース…っていうのがめちゃくちゃ那須くんですね。かなり似た者同士だと個人的に思います。

那須くん

か〜〜〜わ〜〜〜い〜〜〜い〜〜〜〜〜!!!致死量の"可愛い"を浴びて口元ゆるっゆるの那須担で会場が溢れかえっていました。マスク社会の恩恵をこんなに受けた日はないです。お目目きらきら、唇プルプル、手がペンギン!!「キキ〜〜〜🎶」と追っかけ回すシーンの破壊力ったらない!!!個人的に、グーチョキパン屋の窓からのぞいてるシーンと、ジジとアイコンタクトを取っているシーンがぶっちぎりで可愛くて女子をやめたくなりました。あと「あとでね〜」って手を振ってるシーン(頭から蒸気)。

歌に関して!低い音がよく響いていて安定していて、音生ちゃん同様聴きやすかったです。なすたい然り、那須くんは誰とハモっても心地いい!!音生ちゃんとのハモリがとっても綺麗で、ハモリの相性で二人が選ばれたわけではないはずだけど、キャスティング大正解だったなって勝手に製作側の立場に立ってほくそ笑みました。ハモリシーン、那須くんが1オクターブ一気に下がるところでブレずにすんって下がったとき、「すご」って心の中ではスタンディングオベーションでした。

ただ音生ちゃんがかなり通る声なので、欲を言えば、もう一歩スコーンと歌声が抜けてきてほしいシーンはあったかな…!でも名古屋、大阪って回を重ねるほど上手くなるんだろうな〜と断言できるくらい真っ直ぐにお芝居をしていたのでワクワクとうきうきが止まらないです!!大阪行きたい!!!

ダンスはジャニーズ本領発揮でやばい。演出家さんありがとう。みんな好きなやつ。私がおばあちゃんに連れられて無理やり観劇に来た小学生だったとしてもあのシーンで恋に落ちて「那須雄登」で検索しまくると思う。かっこよかった。

リトルキキ(小林桜ちゃん)

あまりに上手だったので感想を書かせてください!笑顔がとっても可愛くて、発声も演技もお手本すぎてあっぱれでした。ヤングナラ経験者かと思ったけど違いそう。芯があってのびやかで強気で可愛らしい感じが役どころにぴったり。個人的MVPです。年齢はリアルにキキくらいでしょうか。ミュージカルの子役で活躍している子って、中学入学とか声変わりのタイミングで離れちゃう子が多いけど(そもそもティーンの配役って少ないしキャリアに見合う役がなくなって続けにくくなるのは間違いない)、いつかまたお名前拝見できたらと強く思いました。数年後、ナラやジャスミン役を射止めている桜ちゃんに会えますように!!

 

あとは…町長カルテット(町長+秘書+警備員?+記者)がよくわかんないけどはちゃめちゃ上手くて面白かったです笑 。

 

演出面

演出に関しては色々思うところがあったのが本音。例えばいっちばん最初のシーン。木陰で休んでるキキの図は果たして必要だったんでしょうか…?キキ誕生のシーンから始めた方が自然な気がするし、キキを出したいなら「私キキ!」的なセリフシーンで始める方がそれっぽいんじゃないかな〜と思いました。最初のシーンにどういう意味があったのか初見だとわからなかった…。

あと「魔女の誕生」、音量が中途半端で違和感でした。一番盛り上がるシーンでのボリュームがfffだとして、1番目の曲ってfで始めるかmfくらいで始めるか逆にめっちゃ静寂か、みたいな感じだと思うんですが、なんか探り探りっていうか、「盛り上げたいの?抑えたいの?どっちなの???」って聞いていてそわそわしちゃいました。

次。キキが飛び立って、故郷の人が「鈴の音が聞けなくなるのか〜」と言うくだり。「鈴の音=キキが空を飛んでいるサイン」というのを回収するのが随分あとなので、「何のこと??」と一瞬置いていかれました。関連して「お母さんが言ってたの!誰にでも魔法があるって(ニュアンス)」というセリフも、回想シーンが後半に出てくるのでなんかつっかえるな〜と。例えばライオンキングはオープニングナンバーが「サークルオブライフ」でゴリゴリに主題で、ドリボも最初が「NextDream」でMYW中にナレーションで状況説明。お客さんが世界にすっと入れるように前半にガツンと主題が詰め込まれている作品を連続で観てきた影響かもしれないですが、回想シーンが2幕後半なのは斬新というかちょっぴり違和感を覚えました。そもそも魔女の宅急便はキキの成長物語でそのままで十分メッセージ性がある作品なので、わざわざ「誰だって魔法を持ってる」というテーマを掲げる必要があったのか疑問です。まあ私は角野さんの原作を読んでいないので!!ただ原作遵守しただけだったらごめんなさい!!(土下座)

あとは町長のシーンが長い!(笑)コメディ兼息抜きシーンにしたいんだと思うんですが(アラジンでいうところのジャファーとイアーゴ的な)、2幕からの登場で十分なんじゃないですかね。せっかくフレッシュな二人で高まった会場のボルテージがちょっと冷めちゃう感じがします。

それからフライングでのプロジェクションマッピング?アニメーション?はもっと工夫の余地があるような。ウィキッドやピーターパンはどんな風に飛んでたかなあ…。制作費の問題?せっかく音生ちゃんのフライングが上手なのに少しチープに見えるのがとっても勿体無いです。

 

上から目線で演出面を色々書いちゃいましたが、撤回させてください。すっごく楽しかったです。「スターのたまごを見守りつつ育てる」&「若年層にミュージカルに足を運んでもらうきっかけを作る」というこのミュージカルの方針は本当に素敵で胸を打たれるものがあります。ぶっちゃけ、こういう作品に選ばれる子役が上手なのなんて当たり前なんですよ!!(さっきベタ褒めしたくせに!!笑)すごく小さい頃から元劇団四季やら元宝塚の講師に教わってひたすら母音法と歌を練習していたような子ばかりじゃないですか。子役と主役2人は、3歳でフルートを始めてコンクール経験歴のある子と、中学の部活でフルートを始めた子くらいの差があっておかしくないです。とはいえ二人とも東宝とジャニーズなので、大阪桐蔭くらいの強豪校にいますが(的外れな例えだったらごめんなさい)。

でも主役二人に求められているものって、「ミュージカルを生きる人のうまさ」では本質的にはなくて、これから"選ばれていく"だろう人間としてののキラキラさ、まっすぐさ、健気さだと思うんですよね。スターのたまごにしか出せない輝きはスキル以上の価値があるし、元々スター性のある人が"できない"位置から踏ん張って稽古を通じて伸びていくことにものすご〜〜く意味がある。未来のスター育成において、こういう舞台の役割ってほんっっとに大きいと勝手に感じています。二人とも眩しい。眩しすぎる。加えて那須くん目当てに初めてジャニーズ以外のミュージカルに触れてくれた人がミュージカルの楽しさを知って、ほかの作品にも興味を持ってもらえたら最高じゃないですか。2人が年齢を重ねたときに、セカンドキャリアとしてミュージカルを選ぶ可能性だって出てきますしね。エンタメ界がサステイナブルであるために「現時点でのうまさ」や「儲け」だけを見ないで「育てる」面に目が向いているのがこの作品で、そういう熱さを持っている製作陣に那須くんが選ばれたことがとっても嬉しくて誇らしいです。まんまと引っかかってミュージカル熱が再燃したので、絶対にアナ雪のチケットを取ります!

とにかく可愛くて尊くてまっすぐで最高な舞台でした。名古屋、大阪のチケットを持っている人が羨ましい!!またこういう機会に恵まれるといいな。

私にも魔法の力があると信じて、最後までトラブルなく幕が上がり続けるよう強めのおまじないをかけておきました。どうか沢山の人に見てもらえますように!素敵な作品を本当にありがとうございました。